大学生4年生の頭の中

人と自然との関わりのなかで持続可能な暮らしを考える、大学4年生のブログ。

牧場で暮らしてわかったこと

 

人生最後の夏休みが終わる。

小学生から数えれば16回目の夏休みで、長い学生生活だったなと、その終わりを受け入れる確かな覚悟を自分のなかに感じています。

夏休み最後の1日の今日は、岡山県にある日本三名園・後楽園に浸ってブログでも書くことにします。

 

この1ヶ月間、僕は香川県にある広野牧場というところでインターン生として住み込みで働かせていただいていました。

 

f:id:izawashunki:20170927130755j:image

 

なので今回は、牧場で暮らして感じたこをまとめてみようと思います。

 

暮らしへの興味

 

僕が一次産業に興味をもったきっかけの話はこのブログの定番ですが、ここでも簡単に紹介しておきます。

 

都会で生まれ育った僕にとって、自分が普段食べているものがとのように作られているのかということについては、ほとんど知る機会がありませんでした。

 

大学生になり、一人暮らしを始めました。多少なりとも自立したいという気持ちを抱いていた僕にとって、初めての一人暮らしは想像とは違うものでした。

というのも今までの自分は、自分が生きるために必要なものがどのように作られているのかについてあまりにも無知だったことに気づいたからです。

 

自分にとって1番大切な部分に対して今まで興味をもたずに暮らしてきたこと。

生きる力を身につけて、自立した強い人間になりたいという自分自身の目標をもって、自分の目で生産現場を見て回ることにしたんです。

 

牧場を選んだわけ

 

今回広野牧場を選んだ理由は、消費者と繋がる術を備えている牧場だと思ったからです。

 

この牧場は牛を育てる以外にジェラート屋とピザ屋を経営していて、お客さんの顔がみえる生産現場です。

今まで消費者として生産現場を意識できなかった僕にとって、伝える生産者というキーワードに強く惹かれました。

 

また、この牧場は酪農教育ファームの認証を受けていて、小中学生に対して農業という仕事の選択肢や命をいただくとはどういうことかを伝えています。

自分の食べているものに日頃から関心をもつにはどうすればいいのかを考える機会にもなると思いました。

 

以上が参加したきっかけです。

 

 牧場で学んだこと

 

本題です。牧場で学んだことは何かと聞かれれば、やはり一番は作業そのものでした。つまり、牛乳と肉を作るということです。

 

ただ、作業についてこのブログで書いてしまうと卒業論文なみに長くなりそうなので割愛するとして、印象に残ったことを何個か書き残すことにします。

 

忍耐力を試された

 

最初の2週間は仔牛のお世話をする仕事をさせていただきました。そのなかで1番大変だと思ったことは、哺乳瓶でミルクをあげる作業でした。

 

生まれてから3日以内の仔牛は、バケツではなく、哺乳瓶でミルクを飲みます。

1回で4ℓの量を飲ませるのですが、最初はミルクだということに気づいてくれずに飲まない仔牛もいました。お腹が空いている子は、口に指を突っ込むとパクパクと口を動かしてくれる。飲みたいという意思表示をしてくれているのに、いざ飲ませようとするとなぜか飲んでくれない。

 

初乳といって、最初に飲む牛乳は栄養が満点で、それを飲むことによって免疫や健康を整えます。だから、飲まないとその後に危ないことになるかもしれない。

 

仔牛には本能で備わっているらしいですが、頭突きなどで乳を刺激することでミルクを出やすくするのだそうで、仔牛には随分と身体的な痛みをくらってしまいました。

 

あなたのために飲ませてあげてるのに……。

 

何もわからない赤ちゃんに対してそんなことを考えてしまう。忍耐力が足りていないと思うようになりました。

 

親牛の世話でも同じことを感じました。

搾乳の際に牛をパーラー(搾乳室)まで移動させなければいけません。

 

牛は人間の力では動かせない。動いてもらうために、叩いたり声をかけたり必死で伝えるのですが、簡単に言うことを聞いてくれるほど牛は素直じゃない(少なくとも僕に対しては)。動いてくれないどころか、糞尿アタックを食らって逆に追い詰められることもあるのです。

 

僕はその時まで、仕事を早く終わらせるためにどうすればいいかということに考えをとらわれていたのかもしれません。

 

それに加えて、生き物の相手をするということは思い通りにならないことが多いものだということを実感しました。

 

一次産業の現場で働くためには、我慢強さと度量の大きさが必要になってくるのでしょう。

 

f:id:izawashunki:20170927131214j:image

 ベストショット。

 

気づく力が足りなかった 

 

滞在中に、仔牛が一匹死にました。

死んだ日の朝、僕はその仔牛に哺乳瓶でミルクをあげました。

その子はなんだかとてもぐったりしていて、ミルクもほとんど飲まず、生まれて3日経つのにまだうまいように立てない。

 

「元気のない子だな……」

 

なんとなく心配でしたが、まさか死ぬとは思っていませんでした。

 

牧場では、見回りという作業があります。

牛がただ元気に過ごしているかどうかだけではなく、発情しているか、妊娠しているか、下痢をしていないかなどを見て回るのです。搾乳の際も、乳房炎のチェックは欠かしません。

 

機械ほど正確ではない。人間のように思っていることを言葉で伝えることができない。

だから、お世話をする側の人間の方から気づいてあげなければいけないのだと感じました。

 

牛は何のために生きるのか

 

仔牛の競りに連れていってもらいました。

 

f:id:izawashunki:20170927130855j:image

 

牛が乳を出すためには、人間と同じように子どもを産む必要があります。牛乳を搾るために人工授精で牛を妊娠させるので、僕がいた1ヶ月間の間で何頭もの新しい命が生まれ、出産にも5.6回程立ち会いました。

 

f:id:izawashunki:20170927150121j:image

 産まれた直後、仔牛を舐める母親。

 

乳牛の仔牛は10万弱なのに対して、肉牛はオスなら30万を超える値段で売れます。

なので妊娠させるとき、乳牛(ホルスタイン)に肉牛(和牛)の種をつけることで肉牛の血を入れた混血(F1)にして、高く売るのです。

 

競りはけっこう悲しい。

 

毎日お世話をしていた牛が、だいたい30秒くらいで値がつけられて違う人のところへ連れていかれる。残酷にも、身体の形が整っていない牛は売れ残って戻ってくる。

肉牛はもちろんだけど、乳牛だって乳がでなくなったら肉として出荷される。

 

広野牧場はとても牛を大切にする牧場で、病気になった牛は治る可能性がなくなるまで治療を続けます。

 

でも結局、肉になるんだよな。

 

そんなことを考えて、悩みました。

そして僕は自分のこと、つまり人間のこととして考えてみることにしました。

 

人間もいつか必ず死ぬ。

それは、人生どんなに苦労しても、楽しても、頑張っても、無為に生きても、どんな風に生きても結果は等しいということ。

 

でも、結局死ぬんだから頑張る意味がないのかといったら、きっとそうじゃない。

死ぬことよりも、生まれてから死ぬまでの過程でどんな人生を歩んだかということが大事なんじゃないか、と。

 

牛だって同じ。

結局人間のために死ぬ。

 

でも、それまでの間少しでも良いと思える人生をおくらせてあげる。

 

そのことが重要なんじゃないかな、と。

 

酪農教育ファームの研修会に参加させていただいた時に聞いた言葉。

 

「屠畜場に行く牛に、頑張ってね、と言う。ただ殺される牛が何を頑張るのかって思う。でも、その牛はこれから肉になって、みんなの食卓に並んで、栄養になってくれる。だから、頑張ってね、と言う」

 

酪農には命の温かさがある。

牛の体温から直接伝わるその温かさを、生産者から消費者へ届けることは、とても大切な意義があると思いました。

 

 

おいしい牛乳を作りたい

 

 この牧場を選んだきっかけが、消費者に伝える手段をもっていることであることは前述しました。そのジェラート屋とピザ屋でも、1日ずつ研修をさせていただきました。

 

f:id:izawashunki:20170927130936j:image

 ピザ屋でパン作りもしました。

 

メニューをみて、どれがおすすめか聞いてきたお客さんに対して、ジェラート屋はこんな風に答えます。

 

「私たちのお店は、牧場直送のミルクが売りなので、まずはミルク味を食べてみてください」

 

 ピザ屋も同様、1番シンプルにチーズと生地の味がわかるマルゲリータをおすすめします。

 

自分たちが作ったから。おいしいと胸を張って売りたい。食べてもらいたい。

 

そう思えることは、生産者により安全でおいしい牛乳を作ろうと思える気持ちが芽生えるきっかけになる。

 

生産者と消費者が繋がることは、双方にメリットのあることなのだと実感しました。

 

一方で、牧場の作業が忙しいなかで、牧場で働く人自身がお店で働く時間をつくることは大変なこと。やはり、本格的なお店をやるとなれば、牧場で働く人以外の担当が必要かもしれない。

 

そういうなかでも、生産者自身の気持ちをお客さんに伝えるためにどんな工夫が必要なのかを考えさせられました。

 

この牧場で働くなかで、やはり伝える生産者になりたいと強く思いました。

 

 

f:id:izawashunki:20170927131007j:image

 最後にパシャリ

 

これからについて。

 

考えてみれば、一次産業の現場を回ると決めてからいろいろなインターンに参加させていただくことができました。この夏休みでお世話になった土佐ひかりCDMでも広野牧場でも、たくさんのことを勉強させていただきました。

 

ネットで情報が擬似的に手に入る時代のなかでも、先入観や固定観念を捨ててできるだけ多くのものを自分の目で見て、肌で感じたい。

 

そう思ってきたけど、やっぱり今まで自分がやってきたことは仕事の入口のドアを開ける程度のことで、何かを「した」わけじゃない。

 

それぞれの現場で人生をかけて働く人たちをみて、自分も何か一つのことに情熱を注いでみたいという思いでウズウズしています。

 

卒業まであと半年。

 

その「何か」はもう見つかっているのかもしれないけど、あと少し、旅に終止符を打つ日を意識しつつ放浪してみようと思います。

 

雨が強くなってきたのでこの辺で。

もう秋ですね。寒いです。みなさんも体調にはお気をつけて。それでは!