大学4年生の頭

人間と自然との関わりを探す、一次産業志望の大学生ブログ。テーマはこれからの社会と生き方。

人に任せる社会

 

今回は、コミュニティについてお話をしたいと思います。漠然とした言い回しですが、僕は将来田舎に住みたいと思っています。これには、一次産業の現場で働くこととはまた別の理由があります。

それは、かつての農村社会がもっていたシステムや慣習に、「社会としての強さ」を感じたからです。

 

隣人を知らない社会

 

こうみえて僕は法学部なので、法社会学について少しお話をします。なぜ警察が誕生したかという、治安の法社会学です。

 

警察の歴史は浅く、誕生したのは19世紀になってからです。それまでは戦争が当面の課題で、国内の治安は後回しでした。

 

警察の必要性が増大したことは、大都市の発生によるものがあります。

農業社会・前期近代工業社会においては、家族内で自分たちの生活を賄うための仕事をしていました。それが後期近代工業社会に入り、社会全体で生産活動を行うようになったため、より良い仕事を求めて人々が移動するようになります。この移動により、大都市が誕生しました。

 

濃い人間関係のもとで成立していた社会から、知らない々が身近に住む社会へ変容していきます。犯罪者「かもしれない」人と同じ社会で生活するようになったことで、治安を統制するプロフェッショナル、つまり警察が必要とされるようになったのです。

 

当事者意識の希薄な現代

 

村八分という言葉があります。これは、葬式の世話と火事の消化活動という、放っておくと迷惑を被る二分のこと以外は関係を断つことを意味しています。残りの八分は、成人式、結婚式、出産、病気の世話、新改築の手伝い、水害時の世話、年忌法要、旅行です。

 

つまり、かつては自分たちで治安を統制することのできる社会がありました。現在でも田舎に行くと、この文化を感じることがあります。

 

治安だけではありません。三重県南伊勢町の阿曽浦という漁村に滞在中に聞いたお話を紹介します。

 

その漁師さんが子どもだった頃は、お金を払わなくても商店で買い物ができたそうです。

というのも、持っていく品物をお店の人にみせていくことで、店主は親が買い物に来た時にその代金を支払ってもらっていたというのです。

 

つまり、かつては子どもの世話も地域全体で行うことができました。今では、同じマンションに住む大人が子どもに挨拶をして、変質者と疑われて訴えられる時代です。

 

他人に任せる社会 

 

 分業制をベースにした社会の発展によって、「人まかせ」が顕著になっている気がします。

自分の仕事はやるけど、それは自分の仕事ではないからやらなくていい。この考えが、当事者意識を失わせてはいないでしょうか。

 

選挙の投票率の問題も同様です。

政治は政治家がやるもので、自分の仕事じゃない。だから、興味をもつ必要がない。結果として投票率は低いままです。

 

政治は政治家が、治安は警察が、子育ては教師がやる。自分の仕事だけやればいいという考えが、自分の住む地域への関心を薄めている。住民の当事者意識が低いと、社会としての強さが失われていきます。

 

犯罪を取り締まるために必要なのは法律じゃない。地域の人間関係こそ、地域を守るために大切なこと。

 

 僕が田舎に住みたい理由は、人とのつながりを大切にして生きたいからです。

まあ、実際に田舎に足を運んでみると、その人間関係の濃さが面倒に感じることもありますけどね笑。

 

いずれにしろ、自分が住んでいるコミュニティを大事にすることは大事ではないでしょうか。