大学生4年生の頭の中

人と自然との関わりのなかで持続可能な暮らしを考える、大学4年生のブログ。

人間と自然

人と自然がうまく関わり合って生きていくために必要なことは何でしょう。

とても漠然としたテーマなので、初めに僕の体験談をお話させていただきます。

 

京都の北部にある人口70人の限界集落久多。今年の2月、僕は村留学を通してこの村を訪れました。村留学とは、持続可能性をテーマに社会のこれからを考える、大学生を対象とした教育プロジェクトです。

 

詳細はこちら↓

村・留学

 

僕が行った時の久多の風景はこんな感じ。まあなんというか、集落が雪で埋もれていました。笑

 

f:id:izawashunki:20170628181405j:plain

 宿舎からみた風景。

 

この雪国(?)での滞在中、鹿の狩猟・解体に立ち会わせていただきました。

 

鹿を殺して、食べる……。

一連の光景を見ていて疑問に思ったこと。

 

人間には鹿を殺す権利があるのか?

 

ということです。人を殺してはいけないのに鹿は殺していいということが、自分の中で矛盾したことのように思えてなりませんでした。

 

鹿を殺す理由で、食べるということ以外に印象に残っている話があります。個数の管理です。

 

 鹿の個数が増大すると、食べ物になる植物が枯れる。食べ尽くした鹿は山から下り、田畑を荒らすようになる。そもそも、植物が枯れて森の保水力が低下すれば、田畑に水が注がれなくなり、育たない。だから、一定数の鹿を殺す必要があるということです。

 

ここで考えなければならないことは、人間には自然をコントロールする義務があるのかということです。

 

僕は、人間も自然であるということを自覚することが大事だと思っています。

 

人間が木を切る。人間が鹿を殺すというと、人間という悪が自然を搾取しているように聞こえるけど、すべては自然で、そのサイクルのなかで生きている。

具体的にいうと、人間が鹿を殺すことと同じように、人間も災害に巻き込まれて死ぬことがある。

何が何を殺すという相関関係で考えるのではなく、すべての生物は自然に脅かされながら、自然の摂理のなかで生きているということです。

 

まとめ

もし自然の摂理というものがあるなら、今生じている環境問題をどう説明するかが問題になると思います。

 

僕は、人間が必要以上のものを生産・消費していることが、環境問題の根源にあると考えています。循環のバランスが人間によって崩れている。だから、人間が自然をコントロールするのではなく、人間は自然のなかで自分たちの役割を適正に果たすことを考えるべきではないでしょうか。

 

ブロガソン5記事目。

頭が疲れてきました。日を改めてわかりにくい箇所を修正します。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『森崎書店の日々』レビュー

 

何ヶ月か前に映画を観てハマり、いよいよ今月本で読むことができました。

森崎書店の日々。過去に患った悲しみから立ち直ろうとする人間を描いた本です。

 

何かしないといけない焦燥感

 

主人公の貴子は、恋人にフラれたショックで仕事をやめ、叔父が経営する神保町の古書店に居候をしていました。

 

寝て起きて食べての繰り返しのなかで、「意味のあること」を何もしていない自分にわだかまりを感じていました。

 

わたし……こんな風に何もしないで、時間を無駄にしてるかな……。

 

無駄なことなんてないよ、と。

僕は貴子に言ってあげたくなりました。

 

有意義なことをしたいと思う気持ちに追われる経験ってありませんか?

食っちゃ寝の日々が続いて、ダラダラ過ごす自分に嫌気がさすことつてありますよね。

 

でも、意味のないことなんてない。

何をすることに意味があるのかは、生きる意味を知り得た人にしかわかりません。

 

自分なりにどうして生きるのかを精一杯悩みながら、生きる意味を叶えるために生きる。

 

 そうやって積み重ねた1日1日が、後から振り返って大切な時間だったということに気づく。

 

自分の可能性を必死に探す

 

悩む貴子に対して叔父が伝える言葉。

叔父もまた悩みながら生きてきた人だから、重みのある言葉として響いてきます。

 

僕はいろんな世界を自分の目で確かめてみたかったんだ。それで、自分のいろんな可能性を見てみたかった。誰か他の人のものじゃない。自分だけの人生というのを知りたかったんだよ。

 

自分の知らない世界が果てしなく広がっていて、未知の世界に憧れて、自分の可能性が他に何かある気がして、いろいろなところに足を運ぶ。でも、知らないということから解放されることはできない。

 

どこに行っても、とれだけ本を読んでも、自分はまだ何も知らない、何一つ見てないんじゃないかって気にもなったよ。それが人生というものさ。いつだって迷いながら生きていくんだ。

 

知らないことを知るためにあっちに行ったりこっちにいったりするけど、結局求めているものは自分の可能性。自分はこれからここで生きていくんだと、胸を張って言える場所を探しているだけかもしれない。

 

動いて、いろんなものを見て、そこからいろんなものを学び取ろう。そして自分の居場所、自分がそこにいてもいいと自信を持って言える場所を探そう、と。

 

自分は何をすればいいのか

 

今、若者はありとあらゆる生き方を選択できる時代に生きています。

恵まれていることに対して感謝しないといけない。たしかにそうだけど、だからこそ何をすれ

ばいいのかを悩む人はとても多いと思う。

 

もしあなたも貴子と同じように悩んでいるなら、僕はこの本をおすすめしたい。

叔父の言葉はきっとあなたに届くと思う。

 

そう、それは心の問題なんだ。どこにいようと、誰といようと、自分の心に正直でいれば、そこは自分の場所なんだ。

 

 

農地法まとめ

 

こんにちは。

今回は日本の農地制度の概要を辿りながら、これからの社会に必要なことについて考えます。この記事を読めば、農地法をバッチリ勉強できちゃいますよ!

 

戦国から江戸

 

日本の農地制度を辿れば、豊臣秀吉まで遡ります。 天下統一を果たした秀吉は、反乱が起きないための統治をつくっていきます。

 

太閤検地によって村の土地を把握し、石高に基づいた徴税を行います。そして、農民が農地を売買することを禁止します。農地の規模拡大によって勢力をもつ農民をつくらないためです。刀狩令によって反乱の手段も失わせました。

 

江戸時代においても、田畑永代売買禁止令による農地の売買を軸として、この政策が継承されています。

 

士農工商という身分関係によって農民は武士に次いで2番目の地位を認められていましたが、実質的には最下位。生産意欲を保たせるために、商人をわざと下位の地位に定めたといわれています。

この時代の農民は、支配される側の人間として協力に管理されていたのです。

 

明治維新

 

明治維新における改革は、農地制度にも強い影響を与えます。農民の農地に対する所有権が認められたのです。それまでは領主のものだったため、土地を取り上げられる可能性が常にあり、不安定な地位のなかで耕作することを強いられていました。四民平等によって農民はその地位を認められたのです。

 

所有権が認められたことによって、農民の生産意欲が急激に高まります。その頃頻発していた武士の反乱を鎮圧する費用が必要だったこともあり、政府が不換紙幣を大量に発行したためインフレが生じ、米価も上昇していました。

 

過度なインフレを抑えるため、松方正義によってデフレ政策が実質されました。これによって、米価は下落。農民は税金を納めることができなくなってしまいました。

 

農民は、土地の「所有権」を担保にしてお金を借り、税金に充てます。結果、返済できない農民は土地の所有権を失ってしまいます。

領主との関係性・信頼性のなかで実質的な土地の所有が認められていた江戸時代に対して、所有権は売買の対象として切り売りされるようになったのです。

 

ただ、金貸しは農民から農地を取り上げず引き続き耕作をさせ、高額な小作料を徴収するようになりました。奇生地主制の始まりです。

 

 資本主義と農村

 

 近代社会が発展していく過程で、農村は常に搾取される対象でした。 

 

地主は小作人から巻き上げた高額な小作料を投資します。小作料が支払えない小作人は、口減らしのために子どもを出稼ぎに行かせ、子どもは低賃金労働者として働くようになります。

 

農村が疲弊していくことによって都市が発展し、日本資本主義は成長したのです。

 

資本主義の発展が農産物市場を形成したため、農民の生産意欲は高まりました。

しかし、その労働環境や小作料に対する不満も高まるばかりで、ついには小作争議が全国で頻発する事態に至りました。

 

 戦後農地改革

 

小作人を解放するために、国が地主から土地を強制買収し、小作人に引き渡しました

そして、現在の農地制度を基礎となる農地法が制定されます。

 

農地法の要旨は、

不在地主の全小作地と、在村地主の1haを除いた小作地の強制買収

②農地保有限度(北海道12ha・本土3ha)

③在村地主に残された小作地での最高小作料率の設定と、小作料の金納化

④農業従事者以外の農地売買・賃貸借の禁止

⑤農地の賃貸借をする際に、当事者の合意に加えて都道府県知事の許可が必要。賃貸借契約更新を拒絶するためにも知事の許可が必要

 

農地以外の売買・賃貸借契約は、当事者の自由な意思に基づいて行われ、国によって規制を加えることは許されていません。

 

農民が自分の所有物として農地を耕作することができるように、法律によって特別に強力な保護を与えたのが農地法です。

 

今、農地法の役割

 

農地法は歴史的な役割を果たし、今や存在意義を失った。他の所有権と同じように自由に売買できるよう改正することで、農産物市場を活発化させることが必要だという考えが大勢を占めてきました。

 

この考えに伴い、農地法は次々に改正されていくことになります。

 

耕作者主義


農地法の大切な原則に、耕作者主義というものがあります。これは、農地の耕作や養畜などの農作業に常時従事している人でなければ、農地の売買・賃貸借ができないという規定。農地法の要旨の4番目です。

 

なぜこのような規則があるのか。答えは、農地の所有者は、その地域の担い手となることが求められているからです。

 

田んぼの水路は上流から下流へと流れます。誰かが掃除を怠れば、または水をとりすぎれば、下流の田んぼへ水は流れない。
水路が詰まらないために、そして景観を保つために、草刈りをする必要もあるでしょう。

田畑を持つということは、これらのような責任が発生することでもあります。

 

地域とまったく関わりのない人が農地をもったら、共同管理が難しくなることはいうまでもないでしょう。

 

2009年の改正では、常時農業従事者以外でも農地を自由に賃貸借することができるようになりました。簡単に言いかえれば、誰もが自由に農業に携わることができるようになってきました。

 

この流れによって、産業としての農業は潤うでしょう。しかし、農村のコミュニティをあまりにも軽視しすぎると、別の問題を生じさせかねないことも考慮するべきだと思います。

 

農村社会から学べること

 

 農村社会を見直してみると、学べることはたくさんあります。

 

前述したように、自分たちが住む地域の担い手として共同体を守る意識には見習うものがあるでしょう。

人に任せる社会 - 大学生4年生の頭の中

 

分け与える文化も考えてみると面白いですね。

所得格差の解決や富の分配が課題とされるなかで、農村では自然とないものを分け合っていました。田舎に行ってといろいろと物をもらった経験はあるのではないでしょうか。

 

改めて日本の暮らしを見直して、現代社会に足りないところを取り入れる工夫ができたらいいですね。

 

 

1ヶ月農業修行

 

 

夏の終わり。みなさんいかがお過ごしでしょうか。僕は今日1ヶ月の農業修行を終え、高知最後の日を満喫しています!

 

今回は、お世話になった土佐ひかりCDMについて、感じたことを含めてまとめていきたいと思います。ちなみにただ今、ブロガソンに参加中。1万文字のブログマラソンを走り抜くぜよ!

 

参加したきっかけ

 

どうして農業修行をしようと思ったか。僕が一次産業に興味をもっていることについては、別記事を紹介させてください。

 

簡単にまとめると、自分の暮らしの根幹を支える部分について無知でいることへの不安。人が暮らす社会と生産の現場がかけ離れていることへの違和感から、一次産業の現場を自分の目で見て回ることにしたんです。

 

自然と人間との関わりをつくる。 - 大学生4年生の頭の中

 

その上で土佐ひかりに興味をもったわけ。この会社の事業としては、ニラと卵の生産。当初は肥料づくりまでを自社で行っていました。このような複数の事業が繋がりをもって循環している仕組みに惹かれて、参加を決めました。

 

肥料を作り、その肥料で野菜をつくり、その野菜を飼料にして卵を作る。一から自分たちでこだわってつくることによって、高知県の原材料にこだわった価値のある製品をつくることができる。詳しいことはぜひホームページを読んでみてください。

 事業紹介|株式会社土佐ひかりCDM

 

今までそれぞれに見て回ってきた一次産業の現場と、そこから学んだことに繋がりをもたせるきっかけを作ることができればいいなと思っていました。

このことについては社長から直々にお話を聞かせていただくなかで、考えることができました。結局問題を捉えるときは、多角的な視点が必要になる。詳しくは別記事を…笑。

一次産業は全部つながってる - 大学生4年生の頭の中

 

別記事で済ませるあたり伝わると思いますが、このインターンで勉強できた重要なことは他のことでした。ひとつずつ紹介していきますね。

 

目標を定めること

 

たとえばニラを刈る作業があるとします。ニラを刈るように言われて作業を開始し、終了の合図があるまで続けるとしたら、いつ終わるかのわからない、果てしない作業になってしまう。

 

だから、作業を始める前にその日にこなす仕事の目標を定め、それを達成するために働く必要がある。達成するには今やっている作業を何時までに終わらせなければならないかを意識して作業をする。

 

目標を定めることは、働きすぎることを予防する役割も果たしてくれます。

たとえば1時間で終わらせれば目標を達成できるのに、スピードを上げて30分で終わらせたとします。余った30分でさらに働くことはできるけど、それでは際限なく仕事が続いていくことになります。

 

いくら稼ぎたいのか。そのためにはどれくらい働く必要があるのか。このことを考えた上で目標を立てたならば、計画以上働く必要はない。

 

しっかりと計画を立てて、実現するために働く。達成具合を確認して、その修正をする。

PDCAサイクルを循環させることの大切さを勉強させていただきました。

 

モチベーションの管理

 

1ヶ月のインターンでしたが、仕事は決して楽なものではありませんでした。人生最後の夏休みに、なぜこれほど過酷な労働をしているのだろうと、働く意味を自分の中で整理することができていませんでした

労働者は基本、対価として賃金を得ることで自らの労働力を提供します。インターンシップならば、賃金の代わりに知識と経験をもらう。

そうだとすると、自分のなかで何を学びたいかを明確にして作業に臨まなければ、働くことの意味がわからず、やる気が保てない。

何のためのインターンか。モチベーションの管理のためにも、その目標を定めてから作業をする必要があることに気づきました。

 

アウトプットも同じくらい大事だなと。学んでいる実感がもてないと仕事に対する気持ちも下がるから、いつの間にか上の空になる時間も増えて、作業効率が落ちる。

 

インターン生としてのPDCAをつくって働くことも大切だと思いました。

 

仕事的人間関係


少ないながら生きてきた人生のなかでも、人間関係で苦労することはよくあります。
ただ、仕事における人間関係は特殊で、自分が相手に求めることと、相手が自分に求めることを理解することが大事だということに気づきました。

 

それに応えられはないとき、その原因を考える癖をつけること。他の人と比較して、自分の動きを修正すること。大事だと思うので、これからも課題として考えていきたいと思います。

 

人生のなかで今やりたいこと

 

土佐ひかりCDMは成長段階にある会社で、社員の負担は通常より大きい。労働の対価として賃金があるとすれば、決してそれが釣り合っている状態とはいえない。

そのなかでどうモチベーションを管理しているのかを聞いた時に、時間的な視野を広くもつことの大切さを教えていただきました。

 

年齢が上がるにつれて、フットワークは重くなる。結婚や子育てなどを含めた社会的責任が増えていき、身動きがとりづらくなる。

そうだとするなら、21歳の自分に必要なことは何か。背負うものの少ない今、お金をより多く稼ぐことよりも、経験を貯めることの方が重要なのかもしれない。

 

働くことの対価を賃金に留めず、知識や経験も含めた学びをやりがいに変えていく姿勢をみて、働く意味を勉強することがでしました。

 

働くこと自体を考える時間

 

大学卒業後に何がやりたいか。どの仕事を選択するか。今まで考えてきたことに加えて、仕事をする上でどういう風に働くか。なんのために働くかを考える機会になりました。

 

f:id:izawashunki:20170827123400j:image

 

4年生という微妙な時期に、働くことの具体的な部分まで考えることができてよかったです。

1ヶ月インターンシップをやりきった達成感を自信に変えて、お世話になった方々に良い報告ができるように次に進みたいと思います。

 

真夏の農業修行。これにて終了です。

どうもありがとうございました!

 

 

 

 

 

人に任せる社会

 

今回は、コミュニティについてお話をしたいと思います。漠然とした言い回しですが、僕は将来田舎に住みたいと思っています。これには、一次産業の現場で働くこととはまた別の理由があります。

それは、かつての農村社会がもっていたシステムや慣習に、「社会としての強さ」を感じたからです。

 

隣人を知らない社会

 

こうみえて僕は法学部なので、法社会学について少しお話をします。なぜ警察が誕生したかという、治安の法社会学です。

 

警察の歴史は浅く、誕生したのは19世紀になってからです。それまでは戦争が当面の課題で、国内の治安は後回しでした。

 

警察の必要性が増大したことは、大都市の発生によるものがあります。

農業社会・前期近代工業社会においては、家族内で自分たちの生活を賄うための仕事をしていました。それが後期近代工業社会に入り、社会全体で生産活動を行うようになったため、より良い仕事を求めて人々が移動するようになります。この移動により、大都市が誕生しました。

 

濃い人間関係のもとで成立していた社会から、知らない々が身近に住む社会へ変容していきます。犯罪者「かもしれない」人と同じ社会で生活するようになったことで、治安を統制するプロフェッショナル、つまり警察が必要とされるようになったのです。

 

当事者意識の希薄な現代

 

村八分という言葉があります。これは、葬式の世話と火事の消化活動という、放っておくと迷惑を被る二分のこと以外は関係を断つことを意味しています。残りの八分は、成人式、結婚式、出産、病気の世話、新改築の手伝い、水害時の世話、年忌法要、旅行です。

 

つまり、かつては自分たちで治安を統制することのできる社会がありました。現在でも田舎に行くと、この文化を感じることがあります。

 

治安だけではありません。三重県南伊勢町の阿曽浦という漁村に滞在中に聞いたお話を紹介します。

 

その漁師さんが子どもだった頃は、お金を払わなくても商店で買い物ができたそうです。

というのも、持っていく品物をお店の人にみせていくことで、店主は親が買い物に来た時にその代金を支払ってもらっていたというのです。

 

つまり、かつては子どもの世話も地域全体で行うことができました。今では、同じマンションに住む大人が子どもに挨拶をして、変質者と疑われて訴えられる時代です。

 

他人に任せる社会 

 

 分業制をベースにした社会の発展によって、「人まかせ」が顕著になっている気がします。

自分の仕事はやるけど、それは自分の仕事ではないからやらなくていい。この考えが、当事者意識を失わせてはいないでしょうか。

 

選挙の投票率の問題も同様です。

政治は政治家がやるもので、自分の仕事じゃない。だから、興味をもつ必要がない。結果として投票率は低いままです。

 

政治は政治家が、治安は警察が、子育ては教師がやる。自分の仕事だけやればいいという考えが、自分の住む地域への関心を薄めている。住民の当事者意識が低いと、社会としての強さが失われていきます。

 

犯罪を取り締まるために必要なのは法律じゃない。地域の人間関係こそ、地域を守るために大切なこと。

 

 僕が田舎に住みたい理由は、人とのつながりを大切にして生きたいからです。

まあ、実際に田舎に足を運んでみると、その人間関係の濃さが面倒に感じることもありますけどね笑。

 

いずれにしろ、自分が住んでいるコミュニティを大事にすることは大事ではないでしょうか。

 

 

生きる力をつける

 

 

僕が一次産業に興味をもった理由は、一人暮らしをした時に感じたことが影響しています。

 

自分が生きるためにどれくらいのお金と労力がかかるのかを知りたいと思い、「生きる力」をつけるために一人暮らしに始めました。

 

でも、実際に一人暮らしをしてみて感じたのは、全然自分の力で生きることのできない無力感だったんです。

 

スーパーやコンビニで食材を調達して、それを調理して食べればたしかに自炊力がつくけど、そもそも買ってきた食材がどうやって作られているのか、自分は知らなすぎるんじゃないか。

その恐怖感から、生産の現場を回るようになったんです。

 

もちろんすべてのことができるようになろうとは微塵も思っていません。でも、自分が食べているもの、着ている服、住んでいる家。暮らしに直結する衣食住に関して何もできないのは、人間として弱いなと思ったんです。

 

お金を払えば何でも買える時代だから、お金をもっていると何でもできると考えてしまいがちです。でも、お金を払って買っているものにはそれぞれ生産者がいて、その人が作ってくれるおかげで、暮らすことができる。

 言い換えると、お金に依存しすぎると何もできない人間になってしまう危険があるのではないでしょうか。少なくとも、お金ではなく他人のおかげで生活ができていることを自覚しておく必要があるはずです。

 

資本主義をベースにした分業制は効率が良いけど、生きるための根幹の部分まですべて他人に任せておくことには違和感があります。

 

自分自身の暮らしに対してもう少し関心をもって生きたい。

 

僕の人生の目標は、百姓になることです。

百姓とは、単に農家を指す言葉ではありません。百の生業をもつ暮らしのプロフェッショナルです。

 

自分なりのこだわりのある暮らしをつくること。そして、自分の生活に関することを、それなりに自分でできるようになりたい。できることを少しずつ増やしていって、生きる力を身につけたかっこいい人間になれたらいいなと思います。

 

 

こだわりが価値を生む

 

僕は大学を卒業したら、「本当に」価値のあるものをつくる人になりたいと思っています。詳しく説明していくつもりですが、今回のテーマはこだわりです。

 

これからの時代は、何が価値のあるものなのかを改めて考える必要があると思います。なぜなら、現在まで続いてきた経済・競争至上主義に限界を感じるからです。

何のために経済は発展するのか - 大学生4年生の頭の中

 

モノで溢れる時代に大量生産をし続ける。すでに裕福なのにお金を稼ぎ続ける。その結果、今の社会には必要以上のものが存在している気がします。

ミニマリスト志望 - 大学生4年生の頭の中

 

フードロスが問題になっていますね。世界では、生産されている食料の3分の1が廃棄されています。少し調べて驚きましたが、一度も食べられることなく捨てられる食料をつくるために140億haの土地が、そして琵琶湖の9倍の量の淡水が使われている計算になるそうです。

【参照: フードロス・チャレンジ・プロジェクト - FOODLOSS CHALLENGE PROJECT

 

捨てられてしまうものをつくることに、価値はあるでしょうか。フードロスは分配の問題でもあるのでないと言えば間違いでしょうが、生産者ならば捨てられないものをつくりたいと思うのは当然だと思います。

 

何に価値があるのか。

近頃は有機農業などが話題ですね。有機農業神話が存在しているのは事実ですが、なぜ話題になっているかということを考えることで、これからの時代で本当に価値のあるものは何かが見えてくる気がしています。

有機野菜だからおいしいの? - 大学生4年生の頭の中

 

こだわりをもつことが価値のあるものとして認められるようになってきた。

 

安価なものを大量に生産すれば、その分捨てられる量も増える。だから、そうではなくて、高価でも手間暇をかけて作られたこだわりのあるモノが求められているのではないでしょうか。

 

一次産業の世界で働く決意は、僕のなかで確固たるものになってきています。そのなかで、本当に価値のあるものをつくるためには何が必要なのか。考えていきたいと思います。